コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クトルク・ボイラ(骨力裴羅) クトルク・ボイラKhutluk Boila

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クトルク・ボイラ(骨力裴羅)
クトルク・ボイラ
Khutluk Boila

[生]?
[没]747
ウイグル帝国初代のカガン。護輸の子,姓はヤグラカル (薬羅葛) 。バスミル (抜悉密) カルルク (葛邏禄) などの諸部とともに突厥を攻めた。こののち一時的にバスミルの阿史那施がカガンとなったが,まもなくこれを倒してカガンとなり,クトルク・ビルゲ・キュル・カガン (骨咄禄 毗伽闕可汗) と称した (744) 。そしてこの年唐に入朝し,懐仁可汗の称号を得た。 745年突厥最後のカガン,白眉可汗を破り,その余衆を従え,また他の鉄勒諸部をも従えてウイグル帝国の基礎を固めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クトルク・ボイラ(骨力裴羅)の関連キーワードハラ・バルガスン葛勒可汗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android