コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クナイプ療法 クナイプりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クナイプ療法
クナイプりょうほう

今から 100年ほど前,ドイツ人司祭 S.クナイプ (1827~1897年) が行なった自然療法である。彼の死後,その療法の信奉者や医師などの後継者の努力によって発展し,現在,ドイツ国内において約 60のクナイプ療養地と 15万人の会員がいるという。また日本でも,社団法人・日独クナイプ療法協会,財団法人・大阪クナイプ療法協会という団体が組織され,『クナイプ療法』 (吉永徹夫著) が出版されている。現在のクナイプ療法は,基本原則として次の5本の柱に支えられている── (1) 水を使う (水療法) 。 (2) 適宜な運動を行なう (運動療法) 。 (3) 植物を使う (植物療法) 。 (4) 食事に注意しその人に適した食物を摂る (食事療法) 。 (5) 人間の持つ生体リズム (秩序療法) 。これらの相乗作用が,クナイプ療法の特長である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

クナイプ療法の関連キーワードナタリー コーグリンマイケル フェルプスマイケル フェルプス期待値ラノミ クロモビジョヨネーサン エードリアンリスベス トリケットダラ トーレスジェイソン レザックマーリーン オッティ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クナイプ療法の関連情報