相乗作用(読み)ソウジョウサヨウ

  • そうじょうさよう サウジョウ‥
  • そうじょうさよう〔サウジヨウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 いくつかの要因が重なると、個々に働く時の作用の和よりも多くの効力を表わす作用。
※ボロ家の春秋(1954)〈梅崎春生〉「『このチョコレートは日本薬局方サントニン〇・〇五瓦海人草及び石榴皮を主剤とし外に各種の栄養剤を配合しその相乗作用により』云々と効能書が印刷してある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相乗作用の関連情報