コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クヌーセン数(読み)クヌーセンすう(英語表記)Knudsen number

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クヌーセン数
クヌーセンすう
Knudsen number

気体の流れにおいて,気体分子の平均自由行路λと,流れを代表する長さ L (たとえば円管を通る流れでは管の直径) との比 Kn=λ/L をクヌーセン数という。 Kn ≪1のときは,気体を連続的な流体として取扱うことができるが,Kn が1と同程度か,またはそれ以上であるときは,気体の分子運動を考慮した希薄気体としての取扱いが必要となる。また Kn ≫1の場合は,自由分子流といい,気体分子間の衝突を分子と物体間の衝突に比べて無視することができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のクヌーセン数の言及

【クヌーセン】より

…一方物理学の分野では,希薄な気体の流れや性質に関する研究に力を注ぎ,気体分子の運動を利用した絶対真空計(クヌーセン真空計)を作った。また,希薄気体の流れを特徴づけるクヌーセン数を定義したことでも知られる。【野崎 義行】。…

※「クヌーセン数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android