コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分子運動 ブンシウンドウ

3件 の用語解説(分子運動の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶんし‐うんどう【分子運動】

物質を構成する分子原子不規則無秩序微視的運動。並進回転振動の3種類があり、これらの運動エネルギーが熱として現れる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぶんしうんどう【分子運動】

物質を構成する分子・原子が行う、不規則・無秩序な微視的運動。振動・回転・並進の三種に分けられる。分子運動の激しさを表す尺度が温度である。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分子運動
ぶんしうんどう
molecular motion

分子の動きの総称。並進・振動・回転の3種類に分類される。分子を球に例えると、気体状態で球は空間を飛び回っている。気圧があるのは、この球が器壁と衝突しているからである。この種の運動を分子の並進運動という。並進運動は分子の分子量、温度の関数になっている。気体分子の平均自由行程は各気体について求められている。
 液体の場合、運動は具体的には求められず、単にブラウン運動といわれている。金属内の自由電子は広義の並進運動をしているが、通常はこれは分子運動には含めない。
 原子間の平均距離は結合距離として与えられる。しかし、この距離は時間的に変化している。これを分子振動molecular vibrationという。たとえば、水素分子の結合距離は0.74オングストローム(Å)であるが、温度に関係なく約500分の1Åの振幅で、振動数4159.2cm-1で振動している。これも分子運動のなかに含まれる。
 一般に分子は並進しながら振動し、かつ重心の周りで回転している。回転数はほぼマイクロ波の振動数で生じており、この場合も温度によらず一定である。
 分子運動のうち、振動・回転は量子力学を基本として理論的に説明されており、並進運動は熱力学が基礎となって解釈される。[下沢 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

分子運動の関連キーワード分子分子容モルmol原子物理学無秩序酵素消化放射能標識アルダー遷移バーロウの規則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分子運動の関連情報