クネフェナゲル縮合(読み)クネフェナゲルしゅくごう(英語表記)Knoevenagel condensation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クネフェナゲル縮合
クネフェナゲルしゅくごう
Knoevenagel condensation

アルドール縮合反応の1種。塩基性触媒の存在下,活性メチレン基をもつβ-ジケトン,β-ケト酸エステル,マロン酸エステルなどとカルボニル化合物との脱水縮合反応をいう。触媒として弱塩基である脂肪族アミン,ピペリジンなどのルイス塩基が多く用いられる。たとえば,ピペリジンを触媒とするベンズアルデヒドとアセト酢酸エステルとの反応によって,ベンジリデンアセト酢酸エステルが合成される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android