コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アセト酢酸エステル アセトさくさんエステルacetoacetic ester

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アセト酢酸エステル
アセトさくさんエステル
acetoacetic ester

代表的なβ-ケトン酸の一種であるアセト酢酸エステルで,エチルエステルとメチルエステルがよく知られている。 (1) エチルエステルは芳香のある無色の液体で,沸点 181℃。水に難溶,有機溶媒に易溶。エチルアルコールジケテンから合成される。典型的なケトエノール互変異性体として存在する。蒸留したばかりのものは約 92%がケト形である。塩化鉄 (III) により紫色を呈し,種々の有機化合物の合成原料として広く使われる。キレート化合物をつくるのはエノール形であり,タリウム,銅,カルシウムなどの定量分析試薬として用いられる。 (2) メチルエステルは沸点 169℃の液体。キレート試薬として用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone