コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンズアルデヒド benzaldehyde

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベンズアルデヒド
benzaldehyde

芳香族アルデヒドの一種。化学式 C6H5CHO 。沸点 179℃,無色液体。アンズやモモの種子の仁にシアン配糖体として存在するアミグダリンの構成成分。工業的には塩化ベンザル加水分解によってつくられる。水に難溶,有機溶媒可溶で,容易に酸化されて安息香酸を生じる。香料として化粧品,石鹸などに用いられるほか,染料の原料としても用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ベンズアルデヒド(benzaldehyde)

芳香族アルデヒドの最も簡単なもの。芳香をもつ無色の液体。モモ・アンズの種子などに含まれ、苦扁桃(くへんとう)油の主成分。石鹸(せっけん)などの香料に使用。化学式C6H5CHO

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ベンズアルデヒド

最も簡単な芳香族アルデヒドC6H5CHO。強い芳香を有する無色の液体。融点−56.5℃,沸点178℃。空気中で次第に酸化されて安息香酸になる。セッケンなどの香料,各種化学薬品の合成原料として用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ベンズアルデヒド

 C7H6O(mw106.12).

 香料として使う食品添加物.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベンズアルデヒド【benzaldehyde】

最も簡単な構造の芳香族アルデヒド。植物界に広く分布し,クヘントウ(苦扁桃)油,野生のオウトウ(桜桃)の樹皮油などの主成分。独特の芳香をもつ無色の液体。融点-56.5℃,沸点178℃。水には難溶であるが,有機溶媒にはよく溶ける。 容易に空気酸化され,安息香酸C6H5COOHとなる。還元すれば,ベンジルアルコールC6H5CH2OHあるいはトルエンC6H5CH3を生成する。アルカリの作用によって2分子間で不均化が起こり,ベンジルアルコールと安息香酸塩を与える(カニッツァーロ反応)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ベンズアルデヒド【benzaldehyde】

最も簡単な芳香族アルデヒド。化学式 C6H5CHO 特殊な芳香をもつ無色の液体で、モモやアンズの香気のもと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベンズアルデヒド
べんずあるでひど
benzaldehyde

代表的な芳香族アルデヒドで、苦扁桃(くへんとう)油ともいう。モモやアンズの芯(しん)の精油の主成分として植物界に分布し、ネロリ油など一部の精油中に含まれている。
 トルエンを接触的に酸化するか、トルエンを塩素化して塩化ベンジリデンにしたのちに加水分解する方法により製造されている。アーモンドに似た特有な芳香をもつ無色の液体で、水にはほとんど溶けないが、エタノール(エチルアルコール)、エーテルなどの有機溶媒によく溶ける。酸化されやすく、空気中で徐々に安息香酸になる。水酸化アルカリを作用させると、酸化と還元が同時におこり、安息香酸塩とベンジルアルコールになる。この反応は、発見者にちなんでカニッツァーロ反応とよばれている()。
 また、シアン化カリウムの存在下で加熱すると、2分子が縮合してベンゾインC6H5CH(OH)COC6H5になる。この反応をベンゾイン縮合という。
 ベンズアルデヒドは安価な香料として、せっけんなどに用いられる。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ベンズアルデヒドの関連キーワードケイ皮アルデヒド(桂皮アルデヒド)ベンズアルデヒド(データノート)ベンジルアルコールクネフェナゲル縮合マラカイトグリーンベンゾニトリルカニッツァーロパーキン反応イソキノリンアーモンド油ホルミル基ウェーラーマンデル酸シュンギクエムルシンスチルベンインジゴオウトウシナモン光異性化

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ベンズアルデヒドの関連情報