弱塩基(読み)ジャクエンキ

  • weak base

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 電離度の小さい弱電解質の塩基。溶けている全量の一部分しか電離せず、水素イオンを取る力も弱い。水酸化アルミニウム、アンモニアなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

塩基の強さは,定義,溶媒,相,濃度,また温度によって異なる.アレニウス塩基は水溶液中で水酸化物イオンOHを放出する化合物と定義されているから,水溶液中の電離度が低く,塩基解離定数Kb が小さい,あるいは解離定数の逆数の対数値pKb (=-log Kb )が正で大きいものが弱塩基.電離度,解離定数は,濃度,温度に依存するから,溶液のイオン強度を一定に保って,すべての化学種の活量係数が不変の状態で,かつ標準状態(25 ℃)で決定した解離定数値で比較する.たとえば,Mg(OH)2は溶解度が低く,Mg2+ のpKb 2.6で,ほかのアルカリ土類金属水酸化物より弱い塩基である.Ca2+ のpKb 値は1.4で比較的弱い塩基.ブレンステッド塩基プロトン受容体と定義されているから,水溶液中では,同様にpKb で判断できる.Kb は共役酸の酸解離定数Ka ,水のイオン積Kw

KbKw /Ka
の関係にあるから,25 ℃ では

pKb = 14 - pKa
となるので,pKa は小さい.アンモニアは

NH3 + H2O NH4 + OH

のように溶媒H2Oからプロトンを奪い,pKb 4.75の弱塩基.[Al(H2O)6]3+(9.05),[Fe(H2O)6]3+(10.95),アニリン(9.35),メチルアミン(3.36),ジメチルアミン(3.23)も弱塩基(( )内はpKb 値).非プロトン性溶媒のアセトニトリル,ニトロベンゼン,ニトロメタンなどはイオン解離を助けないので,塩基の強さにあまり影響を与えない.ルイス塩基の定義は電子対供与体なので,電子対受容体との錯体生成反応が酸・塩基反応で,錯体の生成定数の大小が強弱と関係することになる.組合せが多岐にわたって複雑なので,酸・塩基の硬軟として取り扱われる([別用語参照]HSAB原理).気相中の塩基の強弱は陽子親和力PAの大小で表すことができる.陽子親和力の低い化学種が弱い塩基で,HF(484.0),N2(493.8),CO2(540.5)などが弱塩基,NH3(853.6)は強塩基である(( )内は kJ mol-1 単位のPA値).[別用語参照]強塩基

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android