コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライシュ Quraysh

大辞林 第三版の解説

クライシュ【Quraysh】

イスラム教勃興期、メッカに住んでいたアラブの部族。隊商による商業活動を活発に行なっていた。ムハンマドの出身部族。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クライシュ
くらいしゅ
Quraysh

6~7世紀前半のメッカの住民。預言者ムハンマド(マホメット)をはじめ、イスラム教の拡大に寄与した人材多数を輩出した。ムハンマドの11代前の祖がクライシュという名で、その男系の子孫がクライシュ人の構成員である。女系の子孫もメッカに多数生活していたが、彼らはクライシュの「同盟者」と位置づけられていた。ムハンマドの5代前の祖クサイイがカーバ神殿の管理権を掌握して、クライシュの人々をメッカに定着させた。3代前の祖ハーシムの時代から、クライシュの人々は隊商を組織してササン朝ペルシア、ビザンティン帝国、南アラビア、エチオピアに出かける国際商人となった。2代前の祖アブドゥル・ムッタリブの時代に南アラビアの遠征軍の攻撃を退けて、メッカを聖地として発展させた。ムハンマドの預言者としての活動に、少数のクライシュが共鳴し、多数は信徒を迫害した。630年、メディナに移っていたムハンマドにクライシュの多数派は屈し、以後イスラムの拡大に寄与した。[後藤 明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クライシュの関連キーワードアリー(‘Alī b. Abī Tālib)ムハンマド(イスラム教の創唱者)サード・ブン・アビー・ワッカースウマル・ブン・アビー・ラビーアウマル・ブン・アビー・ラビーアアブドゥル・ラフマーン(1世)ハッサーン・イブン・サービトウィンブルドンテニス大会マフムード タイムールジュスティーヌ エナンムアーウィヤ(1世)ムアーウィヤ[1世]アナ イワノヴィッチウィンブルドン選手権ベラ ズヴォナレワイスファハーニーマリー ピエルスシャーフィイーイスバハーニーアブー・バクル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android