クライストチャーチの大聖堂(読み)クライストチャーチのだいせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

クライストチャーチのだいせいどう【クライストチャーチの大聖堂】

ニュージーランド南島最大の都市クライストチャーチのシンボルとなっている、ゴシック様式の大聖堂。1864年にイギリスの建築家ジョージ・ギルバート・スコットによって設計されたが、財政難のために、着工から完成まで40年の歳月を要した。尖塔の高さは63mで、ステンドグラスのバラ窓は印象的といわれ、屋根を支えるアーチ状の木のリブや独特の卍模様が美しいタイル細工、彫刻品などが特徴である。尖塔の中央あたりまで上っていくことができ、展望台からは町全体を見渡すことができたが、2011年2月の大地震で一部崩壊した。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android