コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クライストチャーチの大聖堂 クライストチャーチのだいせいどう

1件 の用語解説(クライストチャーチの大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

クライストチャーチのだいせいどう【クライストチャーチの大聖堂】

ニュージーランド南島最大の都市クライストチャーチシンボルとなっている、ゴシック様式の大聖堂。1864年にイギリスの建築家ジョージギルバートスコットによって設計されたが、財政難のために、着工から完成まで40年の歳月を要した。尖塔の高さは63mで、ステンドグラスのバラ窓は印象的といわれ、屋根を支えるアーチ状の木のリブや独特の卍模様が美しいタイル細工、彫刻品などが特徴である。尖塔の中央あたりまで上っていくことができ、展望台からは町全体を見渡すことができたが、2011年2月の大地震で一部崩壊した。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クライストチャーチの大聖堂の関連キーワードクック山ニュージーランド亜区とうほくニュージーランド村ニュージーランド交響楽団ロトルア・ニュージーランドマラソンニュージーランドマアジニュージーランド南部地震ニュージーランド・ポニー種 (New Zeal Land Pony)ニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone