コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラウドストレージ cloud storage

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クラウドストレージ
くらうどすとれーじ
cloud storage

インターネットなどのネットワーク上に置かれたサーバーにデータを保管する、オンラインストレージサービスの一種。クラウドサービスを通じて提供される場合の呼称である。利用形態としては、企業は自社で運用するサーバーの記憶装置の代替として、個人では、リムーバブルディスク(USBメモリーなど)の代替やバックアップ、メール添付に不都合な大きなサイズのファイルの送受信、ファイル共有などが多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

クラウドストレージの関連キーワードGoogle GlassWindows 8.1Dropboxデジタル遺品

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クラウドストレージの関連情報