コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラゾメナイ Klazomenai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラゾメナイ
Klazomenai

古代ギリシアのイオニア12都市の一つ。スミルナ(→イズミル)の西方約 32km,スミルナ湾南岸にあった。遺跡があり,クラズーメンと呼ばれる。特有の彩色を施したテラコッタ石棺(前6世紀)が有名。前5世紀にアテネの宗主権下に入り,デロス同盟に加わり貢税表に名を連ねた。前4世紀にはアケメネス朝ペルシアに服属。ローマ時代には属州アシアに編入された。自然哲学者アナクサゴラスの生地。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

クラゾメナイの関連キーワードアケメネス朝ペルシアヒッポナクスカルディアアブデラ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android