コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラチコフスキー Ignatii Yulianovich Krachkovskii

世界大百科事典 第2版の解説

クラチコフスキー【Ignatii Yulianovich Krachkovskii】

1883‐1951
ロシア・ソ連邦のアラビア学者。V.R.ローゼンからアラビア語を,V.V.バルトリドからイスラム史を学び,主としてアラブ文学に関する多数の論文,著作,翻訳を公刊した。主要著作にイブン・アルムータッズおよびアブー・アルアラーの詩歌論,アラブ地理・文学概観などがあり,全6巻の全集に収録されている。回想録《アラビア語写本の間で》(1945)は各国語に訳されており,現代アラブ文学にも深い理解をもっていた。【矢島 文夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

クラチコフスキー

生年月日:1883年3月16日
ソ連邦のアラビア学者
1951年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

クラチコフスキーの関連キーワードバルトリド生年月日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android