コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラチコフスキー Ignatii Yulianovich Krachkovskii

1件 の用語解説(クラチコフスキーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クラチコフスキー【Ignatii Yulianovich Krachkovskii】

1883‐1951
ロシアソ連邦アラビア学者。V.R.ローゼンからアラビア語を,V.V.バルトリドからイスラム史を学び,主としてアラブ文学に関する多数の論文,著作,翻訳を公刊した。主要著作にイブン・アルムータッズおよびアブー・アルアラーの詩歌論,アラブ地理・文学概観などがあり,全6巻の全集に収録されている。回想録《アラビア語写本の間で》(1945)は各国語に訳されており,現代アラブ文学にも深い理解をもっていた。【矢島 文夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

クラチコフスキーの関連キーワード電気事業社会福祉法アルマン条約アメリカ美術ラジオ放送ウィンチェスタープチャーチンメチニコフヨッフェレフィスゾーン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone