コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バルトリド Vasiliy Vladimirovich Bartol'd

百科事典マイペディアの解説

バルトリド

ソ連の東洋学の権威近東・中央アジアの研究にすぐれ,東洋の古語古文書に精通。革命後も科学アカデミーの東洋学に指導的役割を果たした。400編に及ぶ著作は9巻の著作集に収められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バルトリド【Vasilii Vladimirovich Bartol’d】

1869‐1930
ロシアの東洋学者。1901年ペテルブルグ大学教授,13年アカデミー会員となる。中央アジア・西アジアの歴史,地理,考古,民族,言語の諸分野とロシア人の東洋学研究史の分野で画期的な業績を残す。主著《モンゴル侵入期のトルキスタン》をはじめとする膨大な著作は《著作集》9巻(1963‐77)に収められ,またその主要論文は英語,ドイツ語,フランス語等の諸国語に翻訳されている。【間野 英二】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

バルトリド【Vasilii Vladimirovich Bartol'd】

1869~1930) ソ連の東洋学者。中央アジア史・中東史に画期的な業績を残す。主著「モンゴル侵略期のトルキスタン」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バルトリド
ばるとりど
Василий Владимирович Бартольд Vasiliy Vladimirovich Bartol'd
(1869―1930)

ロシアの中央アジア史・トルコ民族史学者。ペテルブルグ大学イスラム学教授、ロシアおよびソ連邦科学アカデミー会員。アラビア語、ペルシア語、トルコ語などに精通し、サマルカンドの発掘などの現地調査にも従事した。イスラム史料を駆使した実証的研究に先鞭(せんべん)をつけた1人で、代表作の『モンゴル侵入時代までのトルキスタン』(1898~1900)は、この分野における記念碑的名著で、現在でもその価値は失われていない。ほかに『中央アジア史に関する四つの論考』『中央アジアのトルコ民族史』『ムスリム文化』『ヨーロッパおよびロシアにおける東洋学の歴史』などの多数の業績がある。[清水宏祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バルトリドの関連キーワードI. クラチコフスキークラチコフスキースイアブ

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android