コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラブ文学 アラブぶんがく

1件 の用語解説(アラブ文学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アラブぶんがく【アラブ文学】

アラビア語を用いて創造された文学をさすが,その担い手アラブ人に限定されず,イスラムアラビア語の拡大によってイランからイベリア半島まで多くの地域に広がり,その文化的伝統も継承された。アラビア文学とも呼ばれるアラブ文学は5世紀末から歴史に現れた。文学史上ではジャーヒリーヤ時代(475‐622),イスラム初期(622‐750),アッバース朝時代(750‐1258),モンゴルマムルークトルコ支配時代(1258‐1798),近現代(1798‐)という時代区分がなされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アラブ文学の関連キーワードアラビア語アラビア文字アラブ人ウルドゥー語アラビア数字千夜一夜物語ベドウィンアラビア糊アラビアンライトアラビスト

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アラブ文学の関連情報