コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラックデシュバリエ クラックデシュバリエCrac des Chevaliers

1件 の用語解説(クラックデシュバリエの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クラック‐デ‐シュバリエ(Crac des Chevaliers)

《「騎士の城」の意》シリア北西部にある十字軍時代の城塞。11世紀の創建で、12世紀に聖ヨハネ騎士団の所有となった際、大規模な増改築が行われた。2006年、カル‐エッサラー‐エル‐ディンサラディン城)とともに「クラック‐デ‐シュバリエとカル‐エッサラー‐エル‐ディン」として世界遺産文化遺産)に登録。2013年、国内騒乱による破壊などが理由で危機遺産に登録された。シュバリエ城

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラックデシュバリエの関連情報