コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラドニ図形 クラドニずけいChladni figure

2件 の用語解説(クラドニ図形の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クラドニ図形
クラドニずけい
Chladni figure

細粒が描く図形で,平面板の振動状態を示す。 1787年 E.F.F.クラドニは,板を適当な点で水平に支持し,砂粒またはコルク粉を薄くまいて板を振動させると細粒が節線の部分に集って美しい図形を生じることを示した。図は点Fを指で押えながら点Vをバイオリンの弓でこすったときの,正方形板の振動状態を示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クラドニ図形の関連情報