コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節線 セッセン

デジタル大辞泉の解説

せっ‐せん【節線】

定常波などで、振幅が零または極小のところを(ふし)または節(せつ)といい、これを結んでできる線。弦の振動では点、や板の振動では曲線直線となって現れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せっせん【節線】

膜などの振動で、振動の変位がつねに 0 であるような場所を連ねた線。弦では点であるが、膜や板では直線または曲線になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の節線の言及

【振動】より

…板や膜の場合,定常波の節にあたる部分は面上の線となる。これを節線という。板の上に細かい砂などをまいておいて振動させると,砂が節線の部分に集まってその形を観察することができる。…

※「節線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

節線の関連キーワードサティ:操り人形は踊っている/piano soloモンポウ:歌と踊り 第2番/piano soloモンポウ:前奏曲 第8番/piano solo縦線[bar line]梨の形をした三つの小品クラードニの図形ストラビンスキークラードニ図形アウフタクトクラドニ図形クラードニカラミテス初動分布五線譜サティ幻想曲複縦線地震拍子縦線

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

節線の関連情報