コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラビヘロ Francisco Javier Clavijero

世界大百科事典 第2版の解説

クラビヘロ【Francisco Javier Clavijero】

1731‐87
メキシコのベラクルス出身のイエズス会士。イエズス会経営の学校に学んだ後,同会に入会,メキシコ市のサン・イルデフォンソ学院で文学と哲学を講じた。1767年のイエズス会士追放令の結果,イタリアに渡ってボローニャに落ち着き,《メキシコ古代史》を上梓した(1780‐81,イタリア語で刊行)。哲学ではデカルトやライプニッツに通じる一方,メキシコ独立の知的先駆者の一人と評される。【小林 一宏】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クラビヘロの関連キーワード六つのパルティータ買米ファルネーゼ家シュナーベル(Johann Gottfried Schnabel)ティエポロ上米各務支考鬼一法眼三略巻キャベンディッシュ沈南蘋

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android