コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クラレンドン伯 クラレンドンはく Edward Hyde,1st Earl of Clarendon

1件 の用語解説(クラレンドン伯の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クラレンドンはく【クラレンドン伯 Edward Hyde,1st Earl of Clarendon】

1609‐74
イギリスの政治家,歴史家。オックスフォード大学に学び,フォークランド伯を中心とする学者,文人の集いに参加。ピューリタン革命勃発直前の1640年短期議会に選出され,長期議会においても専制を批判する側に立ったが,〈大抗議文〉の提出(1641)を機に国王支持に転じ,開戦以後はチャールズ1世の側近として対議会交渉にあたった。46年戦局の不利をみて皇太子チャールズ(2世)を連れ亡命。大陸各地を流浪しながら皇太子の相談相手となり,60年王政復古とともに帰国し,爵位を授けられ,国政を指導した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のクラレンドン伯の言及

【チャールズ[2世]】より

…62年旧教徒であるポルトガル王女と結婚。 治世の初期には亡命中の顧問であったクラレンドン伯が国政を指導したが,財政は迫(ひつぱく)し,また復讐心に燃える騎士議会のピューリタン弾圧,第2次対オランダ戦争(1665‐67),ペストの大流行(1665),ロンドン大火(1666)と人心を動揺させる大事件がつづき,67年クラレンドン伯を解任して,後事を複数の顧問団(カバルCabal)にゆだねた。しかし国王は革命の教訓を忘れて従弟のフランス王ルイ14世の絶対主義体制の強化に憧れを寄せ,70年秘密裏に〈ドーバー条約〉を結び,多額の年金と引きかえにイギリスにおけるカトリックの復活を約し,72年〈信仰自由宣言〉を出した。…

【ピューリタン革命】より


[革命の評価]
 イギリスにおいては,王政復古の直後から18世紀までは,この事件を〈大反乱Great Rebellion〉とみる国王派の立場からの把握が主流を占めた。これには王政復古体制の中心人物クラレンドン伯の《反乱史》(1702‐04)の影響が大きい。しかし18世紀後半以降,急進主義の運動が展開すると,17世紀史に対する再評価の気運が生まれ,当面の課題であった議会改革の先駆としてのこの闘争のもつ意義が見直されて,これまでの〈反乱〉に代わって〈内乱〉と呼ぶ傾向が強くなった。…

※「クラレンドン伯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クラレンドン伯の関連キーワードイギリス経験論ギゾーイギリスオランダ戦争英国史家歴史家イギリス巻イギリス組曲河合秀和イギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone