クラーク・M. クリフォード(英語表記)Clark McAdams Clifford

20世紀西洋人名事典の解説

クラーク・M. クリフォード
Clark McAdams Clifford


1906 -
米国の政治家。
元・大統領特別補佐官,元・国防長官
カンザス州生まれ。
1928年大学卒業後、弁護士を開業。第二次世界大戦中は海軍中尉で従軍する。’48年の大統領戦でトルーマン候補の選挙参謀を務め、逆転勝利へと導き、’50年まで大統領特別補佐官を務める。トルーマン宣言や国家安全保障法制定に尽力。’61年海外情報諮問委員長となり、’65年アジア諸国を視察する。’66年にはマニラで開かれたベトナム参謀長会議出席し、’67年東南アジアを訪問する。’68年2月マクナマラの後任として国防長官となり、北ベトナムとの交渉による米軍の早期撤退をジョンソン大統領に助言した。69年辞任。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android