コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少年世界 しょうねんせかい

2件 の用語解説(少年世界の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうねんせかい【少年世界】

少年読者を対象とした雑誌。1895年1月創刊,1933年10月終刊。博文館発行。日清戦争後の時運に乗り,それまで博文館が出していた数種類の雑誌,叢書などを統合して創刊された月2回刊の雑誌。当時,硯友社の新鋭として注目され,少年文学の創始といわれる《こがね丸》を書いていた巌谷小波が主筆に迎えられた。小波は,つづいて創刊された《幼年世界》(1900創刊),《幼年画報》(1906創刊),《少女世界》(1906創刊)の主筆を兼ね,これらの雑誌を舞台に,児童雑誌の編集者として,またお伽噺作家として活躍をするが,中心は《少年世界》においていたようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

少年世界
しょうねんせかい

児童雑誌。1895年(明治28)1月創刊、1934年(昭和9)1月終刊。博文館発行。当初は半月刊、のちに月刊。同社発行の『幼年雑誌』『日本之少年』『学生筆戦場』『少年文学』『幼年玉手箱』などの合併から生まれた。そのため誌面構成も、論説、小説、学校案内、時事など多面にわたり、読者対象も多様であった。主筆巌谷小波(いわやさざなみ)のお伽噺(とぎばなし)、少女欄の若松賤子(しずこ)、小説欄の泉鏡花、徳田秋声らの作品、名作紹介として森田思軒(しけん)訳『十五少年』など、押川春浪(しゅんろう)、桜井鴎村(おうそん)らの冒険小説に人気があった。大正時代以後は他誌に押され、付録、大衆小説を呼び物とするに至る。[大藤幹夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の少年世界の言及

【大橋佐平】より

…93年欧米視察に出発,ロイター通信社を訪問,通信の取次を約束して帰国,94年に内外通信社を設立した。95年に13種あった雑誌を廃刊,新たに《太陽》《少年世界》《文芸俱楽部》を創刊,糾合合併して発展にそなえた。97年に洋紙店博進堂,博進社印刷所(後の博文館印刷所),次いで1901年に創業15周年を記念して〈大橋図書館〉を設立したが,開館を目前にして死去した。…

【児童雑誌】より

…教育制度の普及,印刷技術の発達,資本主義の成長などの条件がととのうと,商業児童雑誌が刊行されるようになった。なかでも博文館の《少年世界》(1895)は,当時《こがね丸》を書いて爆発的な人気を得た巌谷(いわや)小波を主筆に,押川春浪ほか門下の新進作家が作品を書き,内容の新鮮さ,おもしろさという点で,他誌を大きくひきはなし,きわだった存在となった。同社の営利主義と主筆の知名度に依存するスター・システムによる雑誌づくりはその後も続き,最初の性別雑誌《少年界》《少女界》(ともに1902),年代別雑誌《幼年世界》(1900),《少女世界》が生まれた。…

※「少年世界」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

少年世界の関連キーワード少年法メディケア悪書分一リトルマガジン学習雑誌少年審判制度マスマガジンマス・マガジンリトルシニア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

少年世界の関連情報