コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリエンテラ clientela

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クリエンテラ
clientela

古代ローマにおいて有力者と下層自由民の間に結ばれた保護関係。すでに前5世紀の十二表法に言及がある。上層の保護者 patronusの経済上,裁判上の援助者となり,被護民は保護者の政治活動の支持基盤となった。都市共同体の分解と並行してクリエンテラのもつ意味は大きくなり,政争,内乱の具とされるにいたった。ローマの拡大により属州民もローマの有力者のクリエンテラに吸収され,地方の共同体全体がクリエンテス clientesとなることもあった。共和政末期の内乱はユリウス・カエサル,ポンペイウス (大ポンペイウス) を頂点とする大クリエンテラの間の抗争でもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のクリエンテラの言及

【クリエンテス】より

…王政期および共和政初期のローマでは,一種の身分的な存在を意味したが,のちに保護・隷属関係の下にあるもの一般を指すことになる語。クリエンテスはラテン語で〈被保護者〉を意味するクリエンスcliensの複数形で,保護・隷属関係をクリエンテラclientelaという。身分としてのクリエンテスは,人格的には自由であったが,パトリキ(貴族)のゲンス(氏族)に所属し,その祭儀にも加わったと推定される。…

※「クリエンテラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クリエンテラの関連キーワードスキピオ・ナシカ・セラピオM. ゲルツァーパトロキニウムゲルツァーアミキチアローマ史コロヌスパトリキ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android