言及(読み)げんきゅう

精選版 日本国語大辞典「言及」の解説

げん‐きゅう ‥キフ【言及】

〘名〙 話があることにまでぶこと。い及ぼすこと。
※日本詩史(1771)凡例「若人人而評之、篇篇而論之、蕞尓一書非能辨。故断不言及
※さまよへる猶太人(1917)〈芥川龍之介〉「前に季節の事に言及した時に引いたから、ここに書いて置くが」 〔春秋穀梁伝‐文公一二年〕

いい‐およ・ぶ いひ‥【言及】

〘自バ五(四)〙 話をしていて、その話題に関連するある事柄にまで触れる。
※文明本節用集(室町中)「不云 イイヲヨバズ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「言及」の解説

げん‐きゅう〔‐キフ〕【言及】

[名](スル)いいおよぶこと。話がある事柄までふれること。「あえて古い事件に言及する」
[類語]論及触れる述べる論述叙述記述口述陳述詳述前述後述上述先述略述縷述るじゅつ屡述るじゅつ既述叙説述懐詳説詳論開陳

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android