コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十二表法 じゅうにひょうほうlex duodecim tabularum

6件 の用語解説(十二表法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十二表法
じゅうにひょうほう
lex duodecim tabularum

前 450年頃,貴族と平民の階級闘争の結果として平民の要求を入れ,法典編纂 10人委員によって編纂されたローマ法最古の法典。前 390年,ガリア人のローマ侵寇の際,原典は焼失し,正文は残っていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうにひょう‐ほう〔ジフニヘウハフ〕【十二表法】

前450年ごろ制定された、古代ローマ最古の法典。法知識を独占する貴族と平民との闘争の結果、旧来の慣習法を成文化したもの。のちのローマ法の基礎をなす。12枚の板に記されて公示されたことからこの名がつけられた。十二銅表十二銅板法

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

十二表法【じゅうにひょうほう】

前450年ごろ制定されたローマ最古の法典。Lex duodecim tabularumという。貴族と平民の階級闘争の結果として成立。12個の表からなり,内容は既存の慣習法を成文化したものが中心で,訴訟に関する規定,民事・刑事法と祭祀法に関する諸原則などを含む。
→関連項目ローマ法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうにひょうほう【十二表法 Lex duodecim tabularum】

前451‐前450年に成立し,その後の法発展の基礎となったローマ最古の包括的法典。伝承によれば,法生活においてパトリキ(貴族)の恣意からプレブス(平民)を守るため,身分闘争の過程でプレブスの要求により制定されたとされ,12の表に書かれて公示されたことからこの名で呼ばれる。原文は早く失われたが,今日文献から再構成されたところによれば,簡潔な古いラテン語で記述され,裁判および私法・刑法に関する規定を中心として若干の宗教法的規定を含み,農業国家としての当時のローマ社会を如実に反映している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうにひょうほう【十二表法】

古代ローマ最古の成文法典。紀元前450年頃制定。民事訴訟法・私法・刑法・祭祀さいし法などが規定されており、ローマ法の源泉とされている。当初一二枚の板に記されていた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十二表法
じゅうにひょうほう
lex duodecim tabularumラテン語

古代ローマの最古の法典。法典制定十人官によって紀元前451~前450年起草され、ケントゥリア民会によって制定された。12枚の青銅板または木板に書き記されてフォルム・ロマヌムに立てられたが、前387年のガリア人の侵入によって焼失した。後代の引用や言及から法典本文の復原が図られているが、今日一般に受け入れられている19世紀のシェルR. Schoellによる復原本文が全体のどのくらいにあたるのか不明である。起草にあたってアテネに使節が派遣され、ソロンの法を参考にしたと伝えられ、ギリシアの法との類似が指摘されることもあるが、一般的には現行の慣習法を成文化したものであった。成文法の制定は、従来の貴族による法知識の独占を破る意味をもっていた。
 一般的に認められているところによると、第1~3表は民事訴訟法、第2表は訴訟手続、第3表は執行、第4、5表は相続法と家族法、第6、7表は物権法と債権法、うち第6表は所有権と法律行為、第7表は隣接地間の関係に関する規定、第8表は刑法または不法行為法、第9、10表は埋葬規定その他公法および宗教上の儀式についての規定、最後の2表は追加規定、をそれぞれ含んだ。これらの規定は、後代には時代遅れとなって使われなくなっても廃止されることはなく、キケロの少年時代にもこれを暗記させられた。若干の基本的な規定は、ユスティニアヌス時代になってもなお効力を失わなかった。[弓削 達]
『船田享二著『ローマ法』全5巻(1968・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の十二表法の言及

【クラウディウス】より

…生没年不詳。前471年コンスル,前451‐前450年立法のための十人委員decemvirに選出され,有力貴族として十二表法の制定に指導的役割を演じた。前450年の十人委員の半数を平民にも開放し,それと引きかえに護民官職の廃止をもくろんだと思われる。…

【盗賊】より

…盗んだ物を貧しい者に分け与える義賊とは異なり,恐れられることが多いが,稀代の大盗賊のなかには,民衆からひそかな喝采(かつさい)をおくられた者も少なくなかったことが知られている。
[ヨーロッパ]
 ローマ最古の成文法である十二表法の第8表には,夜間盗みを行った者を現場で捕らえたとき,被害者は殺してもさしつかえないという規定があり,盗みに対する制裁措置が過酷であった。イエス・キリストとともに処刑された2人の男が盗賊であったことはよく知られた事実だが,中世社会に入ると犯罪の中で最も恐れられたのが,血だらけの殺人ではなく,他人の物を盗む行為であったことに注意する必要がある。…

【ローマ】より

… 平民はこの両民会に出席するほか,平民会をも国家全体を拘束する決議機関とすることを目ざし,前287年のホルテンシウス法によってこれを達成した。この法律で貴族と平民の間の身分闘争は終結したが,それまでに十二表法の制定(前451‐前450)やさまざまな法律によって平民の立場はしだいに上がってきていた。とくに前367年のリキニウス=セクスティウス法は重要で,この法によってこれ以後2人のコンスルの1人は必ず平民たることとされ,平民に最高の政務官への道が開かれたのであった。…

※「十二表法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

十二表法の関連キーワードテオドシウス鑞付貧血マルキアヌステオドシウスペルシア戦争佐藤 了テロ戦争オーストラリア派兵東ティモール内戦

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone