コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスチアンセンの式 Christiansen equation

1件 の用語解説(クリスチアンセンの式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

クリスチアンセンの式【Christiansen equation】

多くの中間体を含んだ逐次反応の定常速度を表す式.次のような化学反応を考える.

ABDF+…+L

CEG+…+MN

この式で表される反応が,実は下のように不安定な中間体 X1X2,…,Xn-1 との反応を含む素反応の組合せとして進行すると考える.ここで,k1k2,…,kn は正反応の速度定数,k-1k-2,…,kn は逆反応の速度定数である.

中間体は十分速やかに反応して,蓄積されることがないと考えると,反応は定常的に進行して,この速度は

vvv

となる.ここで vvそれぞれ次のような式で与えられる量である.

ここに w は反応の確率を表す量でA,B,C,…の濃度を[A], [B], [C],…で表したとき

で表される量である.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone