コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスチアンセンの式 Christiansen equation

1件 の用語解説(クリスチアンセンの式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

クリスチアンセンの式【Christiansen equation】

多くの中間体を含んだ逐次反応の定常速度を表す式.次のような化学反応を考える.

ABDF+…+L

CEG+…+MN

この式で表される反応が,実は下のように不安定な中間体 X1X2,…,Xn-1 との反応を含む素反応の組合せとして進行すると考える.ここで,k1k2,…,kn は正反応の速度定数,k-1k-2,…,kn は逆反応の速度定数である.

中間体は十分速やかに反応して,蓄積されることがないと考えると,反応は定常的に進行して,この速度は

vvv

となる.ここで vvそれぞれ次のような式で与えられる量である.

ここに w は反応の確率を表す量でA,B,C,…の濃度を[A], [B], [C],…で表したとき

で表される量である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クリスチアンセンの式の関連キーワード一次反応代謝中間体発熱反応反応速度論律速段階逐次反応疑陽性一次反応様式自己触媒反応連続反応の法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone