コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリスチアンセンの式 Christiansen equation

法則の辞典の解説

クリスチアンセンの式【Christiansen equation】

多くの中間体を含んだ逐次反応の定常速度を表す式.次のような化学反応を考える.

ABDF+…+L

CEG+…+MN

この式で表される反応が,実は下のように不安定な中間体 X1X2,…,Xn-1 との反応を含む素反応の組合せとして進行すると考える.ここで,k1k2,…,kn は正反応の速度定数,k-1k-2,…,kn逆反応速度定数である.

中間体は十分速やかに反応して,蓄積されることがないと考えると,反応は定常的に進行して,この速度は

vvv

となる.ここで vv はそれぞれ次のような式で与えられる量である.

ここに w は反応の確率を表す量でA,B,C,…の濃度を[A], [B], [C],…で表したとき

で表される量である.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

クリスチアンセンの式の関連キーワードK

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android