コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クリュサフィウス Chrysaphius

1件 の用語解説(クリュサフィウスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クリュサフィウス【Chrysaphius】

?‐450
テオドシウス2世治下の宦官。441年,時の実力者キュロスを失脚させ,皇姉プルケリアらの影響力排除にも成功した後,東ローマ政府で実権を振るう。フンに対しては貢納金支払いの策をとったが,449年アッティラ王暗殺をたくらむ。計画は露見したが,すでに西方へ関心を移していたアッティラは,翌年和議に同意した。宗教問題では単性論のエウテュケスを支持し,449年皇帝を動かしてエフェソスに公会議を開かせ,エウテュケスの説を正統と認めさせた(盗賊教会会議)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クリュサフィウスの関連キーワードアルカディウステオドシウス浅葱威綾威脅し威毛紅威小桜威イェディクレテオドシウスの城壁

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone