クルス(読み)くるす(英語表記)San Juan de la Cruz

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルス(San Juan de la Cruz)
くるす
San Juan de la Cruz
(1542―1591)

スペインのキリスト教神秘家、詩人、聖人。通常「十字架の聖ヨハネ(サン・フアン・デ・ラ・クルス)」の名で知られる。マドリードの北西アビラ県フォンティベロス出身。洗礼名はフアン・デ・イエペスJuan de Yepes。サラマンカ大学で学ぶ。1563年、21歳のときカルメル会に入って聖職の道を歩むが、自ら積極的に進めた同修道会刷新運動がもとで逮捕され、約8か月後に決死的な脱獄を果たし、執筆活動と宗教活動を続ける。神との一致という主題をみごとな隠喩(いんゆ)を駆使して甘美な恋愛詩に仕上げた代表作『聖霊頌歌(せいれいしょうか)』(1584)は、近代の詩人たちへの影響が大きい。また神学的知識を背景とした散文作品は、自らの詩の注解、神秘体験の分析的説明になっている。1585~87年アンダルシアの管区長となったが、91年12月14日、同地方ウベタの修道院で死去。[清水憲男]
『芳賀徹訳「聖霊頌歌」(『世界名詩集大成14』所収・1962・平凡社) ▽東京女子跣足カルメル会訳『霊の賛歌』(1963・ドン・ボスコ社) ▽東京女子跣足カルメル会訳『十字架の聖ヨハネ小品集』(1960・ドン・ボスコ社) ▽奥野一郎訳『カルメル山登攀』(1980・ドン・ボスコ社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クルスの関連情報