コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラマンカ大学 サラマンカだいがく

1件 の用語解説(サラマンカ大学の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

サラマンカ大学【サラマンカだいがく】

1244年に創設されたスペインの代表的な大学。14世紀にパリ(パリ大学)やボローニャボローニャ大学)などとともにヨーロッパの学問の中心地の一つとなった。その組織は,学寮制を主体としたイギリス型に近いもので,パリやボローニャの大学組織とは異なった。
→関連項目サラマンカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のサラマンカ大学の言及

【サラマンカ】より

…1936年に勃発したスペイン内戦では,最初から反乱者側につきフランコもここに総司令部を設置し,新政府がブルゴスで樹立されても,各省庁の末端機関は移動されなかった。また,大学の町としても有名であり,サラマンカ大学は1244年の開校初年度にすでに約1万4000名の学生が入学した。13世紀以降スペインの著名な学者,聖職者,役人はほとんど同大学の出身で,14世紀にはボローニャ,パリ,オックスフォード各大学とともに,西ヨーロッパにおける学問の中心となった。…

【大学】より

…一方,大学の発展に促されて(後に〈大学〉は,〈教皇権〉〈皇帝権〉と並称された),13世紀以降,とくに14~15世紀に,都市や皇帝・国王も,その威信と官僚養成をめざして,大学の創設に積極的に加担した。神聖ローマ皇帝によるナポリ大学(1324)の創設を端緒として,スペインのサラマンカ大学(1330ころ),帝国領内のプラハ大学(カレル大学。1347),ウィーン大学(1365),クラクフのヤギエウォ大学(1364)などの大学が次々と創設された(〈創られた大学〉と呼ばれる)。…

※「サラマンカ大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

サラマンカ大学の関連キーワードコソボの地位交渉永平寺三国峠源光行耶律楚材永平寺藤原頼嗣藤原頼経伊賀光宗有厳

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サラマンカ大学の関連情報