コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルスガイ Bostorycapulus gravispinosus

世界大百科事典 第2版の解説

クルスガイ【Bostorycapulus gravispinosus】

性転換をするので知られるカリバガサガイ科の巻貝。別名アワブネガイ(泡船貝)。殻の内側をキリストを祭る厨子(ずし)に見たててこの名がある。房総半島以南熱帯太平洋に広く分布し,潮間帯付近の岩礁に付着する。殻は楕円形で高さは0.7cmと低く,スリッパをふせたような形をしていて,この属の貝の英名はslipper shellという。殻口は広く,長さ2.5cm,幅2.0cm。巻きは小さく,後方によっている。殻表は紫褐色で,表面には細い肋があり,その上にとげがあるが,成長するとそれにいろいろの生物が付着して,貝の付着している岩と区別がつかなくなる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルスガイ

アワブネガイ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルスガイ
くるすがい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android