コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルスガイ Bostorycapulus gravispinosus

3件 の用語解説(クルスガイの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

クルスガイ【Bostorycapulus gravispinosus】

性転換をするので知られるカリバガサガイ科の巻貝。別名アワブネガイ(泡船貝)。殻の内側をキリストを祭る厨子(ずし)に見たててこの名がある。房総半島以南熱帯太平洋に広く分布し,潮間帯付近の岩礁に付着する。殻は楕円形で高さは0.7cmと低く,スリッパをふせたような形をしていて,この属の貝の英名はslipper shellという。殻口は広く,長さ2.5cm,幅2.0cm。巻きは小さく,後方によっている。殻表は紫褐色で,表面には細い肋があり,その上にとげがあるが,成長するとそれにいろいろの生物が付着して,貝の付着している岩と区別がつかなくなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルスガイ
くるすがい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone