クルスク戦車戦(読み)クルスクせんしゃせん

世界大百科事典 第2版の解説

クルスクせんしゃせん【クルスク戦車戦】

1943年7月,独ソ戦線の中央部クルスクKursk周辺で行われた史上最大の戦車戦。両軍合計,戦車1万3200両,飛行機1万1950機,火砲6万9100門,人員415万人という規模である。アメリカ・イギリス側は比較的軽く扱うが,ソ連側は第2次世界大戦の運命は,この戦いで決まったとしている。全般の戦況上できたクルスク付近のソ連軍突出部に対し,ドイツ軍はその基部を南北からしぼり上げて,所在のソ連軍を包囲撃滅しようとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のクルスク戦車戦の言及

【戦車】より

…このように戦車の火力と装甲を強化する激しい競争が展開され,大量の戦車や自走砲を投入した激烈な戦車戦が各地の戦場で戦われた。なかでも東部戦線で戦われた大規模な戦車戦であるクルスク戦車戦が有名である。この戦闘でソ連軍は大規模な地雷原および対戦車壕など各種対戦車障害と,ドイツ軍を上まわる戦車,自走砲,対戦車火器を組み合わせた深さ約80kmにわたる対戦車防御組織をつくり,ドイツ軍戦車部隊の進撃を阻止した。…

※「クルスク戦車戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android