コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルニア クルニアClunia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルニア
Clunia

ローマ帝国の属州ヒスパニア・タラコネンシスの都市。現スペインのオスマ北西 40kmに位置する。ガルバ帝が 68/9年頃植民市 (コロニア ) として建設。 300年頃フランク族アラマンニ族によって破壊され,再建したものの5世紀にゲルマン諸部族のためにまた破壊された。劇場,フォールム (広場) ,神殿などの遺跡が残されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クルニアの関連情報