コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルマユール クルマユール Courmayeur

2件 の用語解説(クルマユールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クルマユール
クルマユール
Courmayeur

イタリア北西部,バレダオスタ州アルプス山麓の村。標高約 1200mの保養地で,モンブランを間近に望む美しい景色と鉱泉で知られ,またモンブランへのイタリア側からの登山口でもある。人口約 3000。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルマユール
くるまゆーる
Courmayeur

イタリア北西部、バッレ・ダオスタ自治州アオスタ県の町。人口2798(2001国勢調査速報値)。モンブラン山麓(さんろく)の標高1224メートルの盆地に位置する観光地、保養地で、夏は登山、冬はスキー客でにぎわう。1965年に開通したモンブラン・トンネルによりシャモニー・モンブランと結ばれている。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クルマユールの関連キーワードクールマイヨールサントルソ教会チェルビニアバッレダオスタプレトリア門ユリスケアルプスバルバレスコアルプス[山脈]ピエモンテ[州]バレ・ダオスタ[州]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone