コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クルミハムシ くるみはむし

1件 の用語解説(クルミハムシの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クルミハムシ
くるみはむし / 胡桃金花虫
[学]Gastrolina depressa

昆虫綱甲虫目ハムシ科に属する昆虫。ヒラタハムシともいう。日本各地のほか朝鮮半島、中国、東シベリアに分布する。体長5~7ミリメートル内外。黒色で平たく、上ばねは長方形で暗青から紫青色の光沢があり、前胸は全体または両側が橙黄(とうこう)色。成虫は5~8月にオニグルミ、サワグルミに多く、幼虫とともに葉を食べ、しばしば葉脈を残して食べ尽くす。幼虫は黄色に黒の点紋が散在し、尾端をあげ逆立ちする習性があり、枝や葉にぶら下がって蛹(さなぎ)になる。近似種のミヤマヒラタハムシG. peltoideaはハンノキ類を害する。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクルミハムシの言及

【カメノコテントウ】より

…日本各地のほか,台湾,中国南部,ヒマラヤ地方,インド北部などに分布する。成虫は5月ごろから出現し,ノグルミ,サワグルミ,オニグルミなどの葉を食べるクルミハムシの幼虫を捕食する。5~6月にクルミ類の葉の裏面に橙赤色で楕円形の卵を20~40個ずつかためて産みつける。…

※「クルミハムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone