クレド・クイア・アブスルドゥム(英語表記)credo quia absurdum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレド・クイア・アブスルドゥム
credo quia absurdum

ラテン語で「不合理ゆえにわれ信ず」の意。すなわち,信仰の対象は超越的で,理性や感性に関係なしとする意。 17世紀以来信仰のパラドックスを表わす言葉として用いられる。出典はテルトリアヌスあるいはアウグスチヌスにあるとされるが誤りで,これは中世キリスト教信仰の2つの態度「知らんがためにわれ信ず」 cred ut intelligamおよび「信ぜんがために知解する」 intelligo ut credamに対比して用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android