知らんがためにわれ信ず(読み)しらんがためにわれしんず(英語表記)Credo ut intelligam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「知らんがためにわれ信ず」の解説

知らんがためにわれ信ず
しらんがためにわれしんず
Credo ut intelligam

「理解を求める信仰」の立場を表わすアンセルムス命題で,神の存在の証明を主題とした彼の主著プロスロギオン』で述べられている。啓示真理への信仰はかえって理性認識を助け真理へ導くとのアベラールの「信ぜんがために知解する」と対比される。「不合理なるゆえにわれ信ず」という言葉も上記2命題と異なる神学上の立場を表明するものとして有名である。 (→クレド・クイア・アブスルドゥム )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android