知らんがためにわれ信ず(読み)しらんがためにわれしんず(英語表記)Credo ut intelligam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知らんがためにわれ信ず
しらんがためにわれしんず
Credo ut intelligam

「理解を求める信仰」の立場を表わすアンセルムスの命題で,神の存在の証明を主題とした彼の主著『プロスロギオン』で述べられている。啓示の真理への信仰はかえって理性認識を助け真理へ導くとの意。アベラールの「信ぜんがために知解する」と対比される。「不合理なるゆえにわれ信ず」という言葉も上記2命題と異なる神学上の立場を表明するものとして有名である。 (→クレド・クイア・アブスルドゥム )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android