コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレメンゼン還元 クレメンゼンかんげんClemmensen reduction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレメンゼン還元
クレメンゼンかんげん
Clemmensen reduction

カルボニル化合物の還元法の1つ。ケトンアルデヒドを,亜鉛アマルガムと塩酸によって,対応する炭化水素にまで還元する方法。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クレメンゼンかんげん【クレメンゼン還元 Clemmensen reduction】

アルデヒドやケトンなどのカルボニル基をメチレン基(CH2)に還元する反応で,1913年にドイツのクレメンゼンE.Clemmensenが報告した。アルデヒドやケトンに亜鉛アマルガムと塩酸を作用させると炭化水素となる。脂肪族でも芳香族でも適用できるが,塩酸を用いるため,α,β‐不飽和ケトンまたはアルデヒドでは重合が速く適用できない。反応条件は異なるが,同様の官能基変換を行う人名反応として,ウォルフ=キシュナー還元がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

クレメンゼン還元の関連キーワードアルキルベンゼンテトラリンスチルベン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android