コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クレルキア クレルキア klērouchia

1件 の用語解説(クレルキアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クレルキア
クレルキア
klērouchia

前6世紀以降,特に「帝国」期のアテネに特有の植民の形態。一般の植民市 (→アポイキア ) と異なり移住者は母市の市民権をもち,持分地を得るかわりに軍役,納税義務を負った。これは過剰人口のはけ口として貧民救済になり,財政の膨張,軍事力の増大をもたらし,前5~4世紀には帝国支配の武器としてアテネの勢力拡大に寄与した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクレルキアの言及

【植民市】より

…古代ギリシア文明の繁栄は,このような広範な貿易関係に依存していた。 前5世紀および前4世紀前半には,上記のものとは別種の植民市(クレルキアklērouchia)が主としてアテナイによって建設された。軍事的に重要な地点を占領した場合に,貧しい市民をそこへ兵士として移住させて土地(クレーロス)を分配し,その方面におけるアテナイ支配権の拠点とするものである。…

※「クレルキア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クレルキアの関連キーワードアテネエピダウロスクレイステネスメガラアテネフランセ希臘マラトンアテネ国立庭園アテネの廃墟アガリステ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone