過剰人口(読み)かじょうじんこう

百科事典マイペディア「過剰人口」の解説

過剰人口【かじょうじんこう】

一定地域の経済的人口収容力(適度人口)に対して人口が多過ぎる状態。人口が全体として可能な扶養力(食糧または食糧に換算され得る国民所得)を超過している場合を絶対的過剰人口(マルサス),資本主義社会制度のもとで資本の有機的構成の高度化のために生ずる失業者など,十分な雇用の機会を見出せない場合を相対的過剰人口マルクス)という。→産業予備軍
→関連項目人口爆発人口論

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「過剰人口」の解説

かじょうじんこう【過剰人口 over‐population】

適度人口に比し多すぎる人口が過剰人口ということになるが,マルサスの絶対的過剰人口(人口を扶養するに足る食糧供給量以上に増加した人口)に対し,マルクスは相対的過剰人口relative surplus‐population論を主張した。マルクスのこの概念は主として社会経済的なものであって,次のようなものである。資本主義社会制度のもとにおいては,〈資本の有機的構成〉の高度化の結果として失業者が生ずる。これが産業予備軍とよばれる相対的過剰人口である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android