コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロコディル

百科事典マイペディアの解説

クロコディル

1922年に創刊された旧ソ連の絵入り風刺雑誌。題名は〈ワニ〉の意。テーマは政治問題から家庭生活まで広く,官僚主義社会悪を風刺するほか,反資本主義的姿勢も見せる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クロコディル【Krokodil】

ロシアの風刺雑誌。題号は〈ワニ〉の意。1922年に創刊され,ソ連時代にはプラウダ出版局が週3回発行。共産党の宣伝色をもちながら,社会生活や官僚機構の否定的側面を暴露,広く愛読され,最高時約600万部を発行した。グラスノスチの浸透とソ連解体で,一定の言論の自由が普及するにつれ,とっておきの小話が不足し,また風刺にはけ口を求める読者が激減した。現在は月刊雑誌だが,経営は困難を極めている。部数6万4250部(1997)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

クロコディルの関連キーワード島津保次郎アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ宮嶋資夫ローマ進軍コスグレーブシスラー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android