コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官僚主義 かんりょうしゅぎ

4件 の用語解説(官僚主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官僚主義
かんりょうしゅぎ

官僚制に特有の行動様式や精神構造であり,一定の思想内容をもつ信条ではない。その特色として,秘密主義,わずらわしい手続主義,先例踏襲,画一主義,形式主義,創意の欠如,派閥意識,縄張り根性,役得の利用,傲慢などをあげることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かんりょう‐しゅぎ〔クワンレウ‐〕【官僚主義】

官僚制や官僚政治における、権威主義、独善性、秘密主義、形式重視などの側面を批判的にいう語。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんりょうしゅぎ【官僚主義】

官僚組織などをはじめとする大組織に特有の気風や態度・行動様式。規則に対する執着、権限の墨守、新奇なものに対する抵抗、創意の欠如、傲慢、秘密主義などの傾向を批判的にいう場合に用いられる。お役人風。お役所式。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

官僚主義
かんりょうしゅぎ
bureaucratism

官僚制的組織において発生し定着しがちな集団的な行動様式や意識状態の総称。今日では政党、企業、労働組合、学校などの大規模組織にもみられるが、主として国家官僚制、それも前近代的性格を強く残したり専制的国家統制が行われている国々における現象をさす。官僚主義は、(1)行政執行の様式や手続――書類作成の遅延、繁文縟礼(はんぶんじょくれい)(レッド・テープ)、先例踏襲、はんこ主義、形式主義、法規万能主義など、(2)官僚の態度――傲慢(ごうまん)、情実、役得意識、秘密主義など、(3)行政の専門化にかかわる特性――視野の狭さ、社会生活の実情に迂遠(うえん)なこと、派閥根性、縄張り意識など、(4)官僚が政治を行う際の無責任などについて指摘される。これらは官僚制の「病理」現象であると同時に「生理」現象としての側面をももっているから、その克服のためには民衆の行政統制とともに官僚制内部のチェックが必要である。[田口富久治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官僚主義の関連キーワード官僚政治パーキンソン鉄の三角形官僚的過去官僚高級官僚早期勧奨退職国家公務員の退職慣行欧州連合(EU)の仕組み労働官僚

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

官僚主義の関連情報