コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロップ crop

翻訳|crop

カメラマン写真用語辞典の解説

クロップ

 英語の crop 。動詞では 「刈り込む、切り落とす」 などの意。撮影済み画像の一部を切り出す トリミング とは対照的に、そもそも撮影の段階で撮像素子の一部分のみで画像を捉えること。たとえば撮像素子の中央だけで光を捉えて処理すれば、画素数は減るものの処理速度が上がり、また疑似的にズームアップしたような画像が得られる。  このクロップという用語をいち早く使用したのは、ニコンD2X (平成17年5月発売) の 「クロップ高速機能」 である。D2Xでは有効1,240万画素の CMOSセンサー の中央部、680万画素だけで取り込み、秒間8コマ (1,240万画素時は秒間5コマ) の連写を可能にした。  クロップの機能は、その後、高画素化したデジタルコンパクトカメラに デジタルズーム の代わりに広く採用されてゆくことになった。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

クロップの関連キーワードアントニオ・ホドリゴ ノゲイラシェア・クロッピング制度サイクロップス計画仮面ライダーカブトフォトレタッチカバークロップクロップ機能トウモロコシヘアスタイルスコーズビーアベンティスクロップス飼料用イネワカサギ7月2日星間通信ビンゲン

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android