コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロトン油 クロトンゆ croton oil

翻訳|croton oil

1件 の用語解説(クロトン油の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロトン油
クロトンゆ
croton oil

巴豆 (はず) 油ともいう。トウダイグサ科ハズ (巴豆) の種子の油で,黄または褐色。軟膏として凍傷や神経痛に用い,内服薬としては下剤に用いられる。猛毒。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のクロトン油の言及

【ナンヨウアブラギリ】より

…果実は長さ4cmほどの扁球形をした蒴果(さくか)で,黒褐色の扁平な長楕円体の種子を2個入れる。種子は長さ15~20mm,約50%の有毒な油を含み,クルカス油,フィジックナット油,シード油,クロトン油などとよばれる。リバプール市を最初に,19世紀半ばごろまで街路灯油として重用された。…

※「クロトン油」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

クロトン油の関連キーワードナツトウダイ東台灯台草・燈台草灯台草科・燈台草科巴豆巴豆油高灯台灯台草タピオカデンプントウダイグサ属

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone