軟膏(読み)なんこう(英語表記)ointment

  • なんこう ‥カウ
  • なんこう〔カウ〕
  • 軟×膏
  • 軟膏 ointment

翻訳|ointment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

油脂類,ワセリンラノリングリセリン,ろうなどを基剤とし,それに主薬を混ぜた外用薬外傷,皮膚病などの治療に用いる。常温でチーズ程度の粘稠度をもち,体温で軟らかくなる。抗生物質,ステロイド抗ヒスタミン剤など,目的に応じて各種のものがつくられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

外用剤。薬物をラノリン,ワセリン,蜜蝋などの基剤に配合して,皮膚に塗布しやすくした半固形の膏薬。グリセリン,ラウリル硫酸ナトリウム,ステアリルアルコールなどを基剤としたものは親水軟膏といい,油性の軟膏に比べて皮膚面に密着しやすく吸収がよい。近年,薬物を皮膚面より吸収させて経口薬と同様の効果を期待する製剤が開発されている。
→関連項目ラノリン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

皮膚に塗布する適当な稠度の半固形の外用剤で,体温で軟化,または溶けるもの。いわゆる〈ぬりぐすり〉。創傷または病的皮膚の被覆保護,収斂(しゆうれん),防腐などの局所作用があるが,健康な皮膚からの吸収によって経口薬と同じような効果を期待するものが開発されつつある。軟膏は基剤によって油脂性軟膏,乳剤性軟膏,水溶性軟膏の3種に大別され,症状によって使い分けられる。【杉原 正泰】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 脂肪、ラノリン、ワセリンなどを基剤として、ほかの医薬品を混和した半固形状の外用薬。外傷や皮膚疾患に使われる。軟膏剤。⇔硬膏
※七新薬(1862)一「外用は之を軟膏となす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android