コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軟膏 なんこう ointment

翻訳|ointment

5件 の用語解説(軟膏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軟膏
なんこう
ointment

油脂類,ワセリンラノリングリセリン,ろうなどを基剤とし,それに主薬を混ぜた外用薬。外傷,皮膚病などの治療に用いる。常温でチーズ程度の粘稠度をもち,体温で軟らかくなる。抗生物質ステロイド抗ヒスタミン剤など,目的に応じて各種のものがつくられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なん‐こう〔‐カウ〕【軟×膏】

均質な半固形状の外用薬。脂肪・ろう・ワセリンラノリンマクロゴール(ポリエチレングリコール)などの基剤に医薬品を混和したもの。外傷や皮膚疾患に使われる。軟膏薬。軟膏剤。⇔硬膏

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

軟膏【なんこう】

外用剤。薬物をラノリン,ワセリン,蜜蝋などの基剤に配合して,皮膚に塗布しやすくした半固形の膏薬。グリセリン,ラウリル硫酸ナトリウムステアリルアルコールなどを基剤としたものは親水軟膏といい,油性の軟膏に比べて皮膚面に密着しやすく吸収がよい。
→関連項目ラノリン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なんこう【軟膏 ointment】

皮膚に塗布する適当な稠度の半固形の外用剤で,体温で軟化,または溶けるもの。いわゆる〈ぬりぐすり〉。創傷または病的皮膚の被覆保護,収斂(しゆうれん),防腐などの局所作用があるが,健康な皮膚からの吸収によって経口薬と同じような効果を期待するものが開発されつつある。軟膏は基剤によって油脂性軟膏,乳剤性軟膏,水溶性軟膏の3種に大別され,症状によって使い分けられる。【杉原 正泰】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なんこう【軟膏】

脂肪・ワセリンなどを基剤として医薬品を混和した半固形の外用薬。皮膚に塗布し,体温で軟化溶融する。外傷・皮膚疾患に用いる。 ↔ 硬膏

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軟膏の関連キーワード脂肪質体脂肪異種脂肪筋間脂肪脂肪過多脂肪球背脂肪蓄積脂肪低脂肪腹腔内脂肪

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軟膏の関連情報