コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凍傷 とうしょう frostbite

翻訳|frostbite

7件 の用語解説(凍傷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

凍傷
とうしょう
frostbite

氷点下の寒冷,特に-20℃以下の酷寒が緩慢あるいは急速に作用して起る皮膚の壊疽性病変。程度により3度に分けられる。 (1) 第1度凍傷 貧血,次いで充血し,さらに進行して紫藍色の浮腫性腫脹を呈する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とう‐しょう〔‐シヤウ〕【凍傷】

極度の寒気などのために皮膚の血行が悪くなり、組織に損傷をきたす状態。程度により四段階に分けられ、第1度は皮膚に充血・むくみが生じ、第2度はさらに水疱(すいほう)が生じ、第3度は皮下組織が壊死(えし)を起こし、第4度は手足の指などが脱落してしまうもの。 冬》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

凍傷【とうしょう】

強度の寒冷の作用によって起こる全身性,または局所性の障害。局所性凍傷ではチアノーゼ,腫脹(しゅちょう),かゆみがあり(第1度),水疱を生じ,破れて糜爛(びらん)をきたす(第2度)。
→関連項目皮膚炎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

とうしょう【凍傷 Frostbite】

[どんな病気か]
 低温により血流が停滞し、組織液や細胞が凍結して壊死(えし)するものです。
[症状]
 症状の程度は、第Ⅰ度から第Ⅳ度に分けられています。第Ⅰ度は鼻の頭、指先、耳介(じかい)、頬(ほお)などの突出部が紫藍色(しらんしょく)になり腫(は)れるものです。第Ⅱ度は水疱(すいほう)、血ぶくれになり、びらんを生じるものです。皮膚の感覚は鈍くなります。第Ⅲ度は、壊死をおこした重症状態です。さらに重傷の第Ⅳ度では壊死が筋肉や骨に達し、指趾(しし)(手足の指)が脱落することもあります。
 徐々に患部を加温します(「凍傷になったときの手当」)。寒冷地では保温に努めましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

とうしょう【凍傷 frostbite】

低温による損傷の一種。低温による損傷には,(1)局所の循環障害による凍瘡(とうそう)(霜焼け),(2)組織の凍結による凍傷,および(3)全身的反応による凍死がある。損傷を起こす温度は必ずしも氷点以下とは限らず,湿度,風速,金属など熱良導体との接触の有無などにも左右され,また個体の栄養状態,年齢,疲労度,低温にさらされる時間も関与してくる。 凍瘡は手足の指,耳介に好発し,小児に多い。寒さに対して体温を維持するために小血管が収縮する状態が長時間続くと,その部の血管が障害され,浮腫や鬱血(うつけつ)が起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうしょう【凍傷】

極度の寒冷が体に作用して起こる全身的または局所的な組織の傷害。程度により四段階に分ける。第一度は皮膚に紅斑を生じた状態(俗にいうしもやけ)、第二度は水疱形成、第三度は皮膚全層の壊死えしで潰瘍の形成、第四度は深層部の組織が壊死を起こした状態をいう。 [季] 冬。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

凍傷
とうしょう
congelationfrostbite

寒冷の作用によっておこる皮膚病で、一般に手足の指の末端、手足の背面、耳たぶ、鼻の頭、頬(ほお)など身体の末端露出部に好発する。寒冷度の強弱、作用時間の長短、患者の抵抗力などによって病状は左右され、その程度によって第一~三または四度まで区分される。第一度は紅斑(こうはん)性凍傷ともいい、寒冷の作用により最初は末端部への血液の流れが停滞して局所性貧血がおこり、患部の皮膚は蒼白(そうはく)となって多少の疼痛(とうつう)ないしは知覚異常をきたす。寒冷作用がこの時期に中断されると、反射的に充血がおきて皮膚に炎症性潮紅(ちょうこう)を生じ、紫藍(しらん)色の浮腫(ふしゅ)性潮紅をきたす。第二度は水疱(すいほう)性凍傷ともいい、寒冷作用が中断されずに継続すると、皮膚はその蒼白色調をさらに加える。温熱あるいは摩擦によって血行がふたたび開始されると、激しい痛みがおこるとともに皮膚は暗紫色に腫脹し、直後あるいは数時間後に水疱を生ずる。水疱には血液が混じることが多い。疱膜が破れるとびらん面(ただれ)を露呈し、また痂皮(かひ)(かさぶた)を生ずる。第三度は壊死(えし)性凍傷ともいい、強度の寒冷が長時間作用した場合におこり、血液の流通はまったくなくなるとともに、組織成分自体も寒冷の作用を受けて崩壊し、その部分の組織壊死をきたして潰瘍(かいよう)(深い傷)をつくる。ときに軟組織のみならず骨をも侵され(第四度)、罹患(りかん)部全体が壊死性となり脱落することがある。
 凍傷の治療としては従来ゆっくり暖めることが推奨されてきたが、悪化する可能性があるため現在はなるべく早く40~42℃の湯につけて暖めることが推奨されている。これは高度の疼痛を伴うため、鎮痛剤、鎮静剤あるいは麻酔剤の使用が必要となる。その後、軽度の凍傷に対しては副腎(ふくじん)皮質ホルモン剤含有クリームまたは軟膏(なんこう)塗布が有効である。水疱形成がある場合、疱膜はそのままにして注射器などで内容を除去し、二次感染がある場合は疱膜を除去したのちに、軟膏を貼布(ちょうふ)し保護する。抗生剤は二次感染が生じた時に投与する。壊死性変化がある場合には、患部の境目である分界線が生じたのちに初めて外科的処置を行う。[伊崎正勝・伊崎誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の凍傷の言及

【霜焼け】より

…手足,耳たぶ,鼻の先端,ほおなどが寒気に繰り返しさらされ,末端部の血液循環障害が起こるために発生する。強い低温刺激により血液の流れが止まり,細胞や組織が凍結してしまう凍傷とは異なり,末端部の血液循環障害を起こしやすい素質の人にだけ発生し,また,最低気温が4~5℃で,一日の温度差が10℃以上の冬の初めや終りころに発生しやすい。幼児から学童期の小児に多いが,女子では成人にもみられる。…

※「凍傷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

凍傷の関連キーワード何心地不死身ドンナ媛まどんなかお かお どんなかおどんどん どんどん心内膜床欠損(症)凍瘡(しもやけ)距骨骨折心原性脳塞栓

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

凍傷の関連情報