内服薬(読み)ないふくやく

日本大百科全書(ニッポニカ)「内服薬」の解説

内服薬
ないふくやく

内用薬ともいい、経口投与により適用される剤をいう。内用散剤(細粒を含む)、顆粒(かりゅう)剤、錠剤カプセル剤、丸剤などの内用固形製剤のほか、内用液剤、シロップ剤、エリキシル剤、浸煎(しんせん)剤、リモナーデ剤などがある。内用固形製剤は一般的に水または温湯で内服する。散剤は飲みにくい場合にはオブラートに包んで内服するが、最近では散剤が少なくなり、錠剤、カプセル剤が繁用されるようになった。また、散剤も細粒状や顆粒剤となり、内服しやすい形のものが多くなった。液剤ではシロップ剤が小児用としてよく用いられている。古くから用いられてきた内用水剤はきわめて少なくなった。

[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「内服薬」の解説

ないふく‐やく【内服薬】

〘名〙 のむ薬。内用薬。
※金毘羅(1909)〈森鴎外〉「いろいろの内服薬や注射薬やが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「内服薬」の解説

ないふく‐やく【内服薬】

経口投与により用いられる薬。飲み薬。内用薬。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android