コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロバナロウバイ Carolina allspice

世界大百科事典 第2版の解説

クロバナロウバイ【Carolina allspice】

高さ2~3mになるロウバイ科の落葉低木で,花木として庭園に栽植され,また切花にもされる。新枝や葉柄は有毛,葉の裏面も短軟毛を密生する。葉は広卵形から長楕円形,長さ5~12cm。花は前年枝の葉腋(ようえき)から生じる新枝につき,径4~6cmほど,名前のように暗紅紫色で,強い芳香がある。花期は5~7月。樹皮にも芳香があり,インディアンは香辛料として使用していたという。アメリカロウバイC.fertilis Walt.はクロバナロウバイに似るが花は赤褐色で芳香がほとんどなく,葉の裏は無毛である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android