コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クローズドエアーインテーク closed air intake 

1件 の用語解説(クローズドエアーインテークの意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

クローズドエアーインテーク

通常、機体のエアインテークは空気の取り入れ口であるから開いている。このインテーク部分が閉じているものをグローズドエアインテークと言う。キャノピーはエアインテークから取り入れられた空気の圧力により形成されているが、機体をより高速で飛行させていくと、このエアインテークから取り入れられた一部のエアーが逆流してしまい、かつ前方からの風圧によりリーディングエッジが変形してしまう。この対策として一部のエアインテークを閉じるとエアーの逆流が防止され、リーディングエッジの内側にも圧力が加わり、変形を少なくする事ができる。ひとつの翼でクローズドエアインテークが多くなればその効果は高くなるが、エアーの取り入れ量も少なくなり、今度はコラップスからの回復に時間がかかるようになるし、ライズアップの特性も悪くなる。「どの位の部分をクローズドにするか?」はその機体のレベルメーカーコンセプトにより変わってくる。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クローズドエアーインテークの関連キーワードマイラーインテークエアクッションエアロダイナミックス明り取りエアインテークエアスクープワークウエアエアーインテークハイスピードインテークバルブ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone