クローズドエアーインテーク(読み)closed air intake 

パラグライダー用語辞典の解説

クローズドエアーインテーク

通常、機体のエアインテークは空気の取り入れ口であるから開いている。このインテーク部分が閉じているものをグローズドエアインテークと言う。キャノピーはエアインテークから取り入れられた空気の圧力により形成されているが、機体をより高速で飛行させていくと、このエアインテークから取り入れられた一部のエアーが逆流してしまい、かつ前方からの風圧によりリーディングエッジが変形してしまう。この対策として一部のエアインテークを閉じるとエアーの逆流が防止され、リーディングエッジの内側にも圧力が加わり、変形を少なくする事ができる。ひとつの翼でクローズドエアインテークが多くなればその効果は高くなるが、エアーの取り入れ量も少なくなり、今度はコラップスからの回復に時間がかかるようになるし、ライズアップの特性も悪くなる。「どの位の部分をクローズドにするか?」はその機体のレベルとメーカーのコンセプトにより変わってくる。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android