コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアー

百科事典マイペディアの解説

エアー

英国の論理学者,哲学者。〈エイヤー〉と表記されることもある。オックスフォード大学教授。英国における論理実証主義代表者で,主著言語・真理・論理》(1936年),《経験的知識の基礎》(1940年),《思考と意味》(1947年)などで,分析的判断と総合的判断の峻別,伝統的な形而上学の否定といった主張を行うとともに,知覚,言語,心身問題など多くの現代的主題に取り組んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

エアー

正式社名「株式会社エアー」。英文社名「AIR COMPANY LIMITED」。情報・通信業。昭和58年(1983)設立。本社は大阪府吹田市千里山西。ソフトウェア開発会社。電子メール関連ソフトが主力。情報漏洩対策、ウイルス・スパムメール防止ソフトなどを手がける。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エアー【Alfred Jules Ayer】

1910‐89
イギリスの哲学者。オックスフォード大学,クライスト・チャーチ・カレッジの出身。卒後ウィーン大学で何年かを過ごして論理実証主義の動向に接し,後に母校の講師,フェロー,ロンドン大学教授を経て,1959年オックスフォード大学教授。36年刊の《言語・真理・論理》によりイギリスでの論理実証主義の代弁者となる。ただし,エアーはその源流をイギリス古典経験論に求め,たとえば,分析的判断と総合的判断の峻別という,この派の根本的テーゼヒュームに跡づけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エアーの関連キーワードEXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~ハイスピードインテークバルブTHE REVOLUTIONクローズドエアーインテーク静岡県浜松市西区西山町オーラルインフレーター島根県雲南市吉田町吉田パワーインフレーターヘンリー スレッギルファイナルアプローチジョージ エドワーズ流機エンジニアリングホテル・ベルエアーヒップランディグ日本エアーテックセップ スミッツエアーインテークエアロフィットパイロンレースエアーフィット

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エアーの関連情報